かかりつけホッとラインの導入をお考えのスタッフの方へ

かかりつけの二歩目へ
〜かかりつけサポートアプリ〜

かかりつけになるために必要なこと

  • 併用薬の確認
  • 相互作用の確認
  • 副作用の確認
  • 薬の効果確認
  • 飲み忘れないための工夫
  • 服薬指導の充実
  • 困ったときにそばにいる

患者さんがリアルに困っているのは、
薬剤師さんがそばにいないとき

  • 家にいるときに
    相談したいことを思い出す
  • 薬を飲むときに
    合っているかどうか迷う
  • 薬を飲んだあとで
    新しい症状が起こる
    (新しい薬、副作用など)

かかりつけホッとラインは、患者さんと気軽にコミュニケーションがとれるよう、
かんたんシンプルに使え、大事な情報がすぐに見れることにこだわりました。

アプリから「おうちでも」、Webから「勤務時間でも」、チャットで話す、患者さんの情報共有、家族もいっしょに

  • 絵文字でやわらぐ会話
  • 写真や動画のやりとり
  • 目標や病歴の共有
  • 家族と薬剤師でいっしょに

医療業界のコミュニケーションに
特有の機能をカバー

ちがう患者さんに送らないような見やすいレイアウト、医療情報に欠かせない続柄・生年月日の表示、来局のペースにあわせて話しかけられる

フォローすることがむずかしかった、服薬するタイミングでのフォローや、服薬に対する不安の解消など
次回来局まで待たずにスムーズに行うことができるようになります。

患者さんが困ったときにそばにいるための強力なツールとなります

患者さんがいちばんだけど、
薬剤師さんも自分を大事にしてほしい

薬局業界、薬剤師の負担は増える一方。
でも、薬剤師さんもまずは自分自身を大事にして、患者さんに向き合えるようにしましょう。

薬剤師のジレンマ
アドヒアランス、24時間対応、健康サポート、ひとりでは不安、家庭と両立させたい、やることいっぱい

かかりつけホッとラインは、薬剤師さんの負担になりすぎないように
患者さんの対応を最大限にできるようにこだわりました。

  • 複数人での対応
  • 緊急時の電話連絡
  • 通知時間の設定

新しいシステムにもなじめるよう、
徹底的な運用サポート

新しいシステムをはじめるのは不安、うまく続けられるかな

不安なときにどう対応したらよいかという
マニュアルもいっしょにお渡しするので、
新しいシステムに不安な方でも安心して使えます。

かかりつけホッとラインは、だれでもすぐに使えるよう、徹底的な運用サポートにこだわりました。

スタッフさん向け
患者さんへの紹介、失敗したときの例、実際の会話の例、対応できないときの連絡例
患者さんへの紹介から実際の会話、困ったときはどうしたらよいかなど、
無理のない運用を始められるように「失敗しない使い方」のシートがあるから安心です。
患者さん向け
患者さんが思っている薬局への疑問、患者さんから薬剤師さんへの会話の例
患者さんに渡すための「かかりつけホッとラインをより上手に使う方法」という
シートもあるので、患者さんにかかりつけホッとラインのことを説明するときにも安心です。

かかりつけホッとラインの
導入をご検討の方へ

事前登録をしておくと、サービスが開始になったときにご連絡をいたします。

事前登録をする